ニンテンドースイッチ 録画機能追加!使い方とは

10月19日木曜日、遂にニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)でゲーム画面の録画機能が追加されます。

待ちに待った録画機能、一体どのようなシステムになっているのか確認しましょう。

スポンサーリンク

スイッチの録画機能

スイッチの録画機能は本体機能の更新データ(システムバージョン:4.0.0)で配信されます。

スイッチを更新すれば自動で追加される機能となります。

録画方法

ゲームの録画方法は「キャプチャーボタン」をピッという音がするまで長押しするだけというシンプルな方法で可能です。(※キャプチャーボタンとはスクリーンショットのボタンのことです)

保存場所はHOMEメニューのアルバムです。

スクリーンショットと同様にアルバム画面からFacebookやTwitterに投稿することが可能です。

しかし、今回追加される録画機能にはいろいろな機能制限があります。

機能制限

機能制限は全部で4つあります。

1つ目は一部のゲームでしか録画機能を使うことができないということ。(ゲームの種類については下記)

2つ目は30秒間しか録画できないということ。

3つ目はキャプチャーボタンを押してから録画するのではなく、キャプチャーボタンを押した30秒前の分を録画するということ。

4つ目はニンテンドースイッチの容量が余っていても、100本までしか動画を保存できないということ。

自分の思い通りに録画できるわけではないということに注意してください。

対応タイトル一覧

今回録画機能が使えるのは以下4タイトルのみになります。

他のゲームはアップデートで追加されるのを待つしかありません。

…………………………………………………………………………………………

  •  『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 (Ver. 1.3.0以降)
  •  『マリオカート8 デラックス』(Ver. 1.3.0以降)
  •  『ARMS』(Ver. 3.1.0以降)
  •  『スプラトゥーン2』(Ver. 1.2.0以降)

…………………………………………………………………………………………

感想・評価

今回追加された録画機能は便利ではありますが、ユーザーが予想していた録画機能ではありませんでした。

それでも便利になることに変わりはありません。

スプラトゥーンなどで良いプレイをした後に「あ!今のとこ録画したかった!」ということがよくあるので、そういう点ではとても便利ではないでしょうか。

また、スクリーンショットしたいシーンがあった場合なども30秒前に戻って録画できるので、録画したところからスクリーンショットを撮るなどいろいろと工夫ができそうです。

今後もっと録画時間が伸びるようなアップデートが行われれば、より使い勝手の良い機能に変わるでしょう。

追記:今後5分の録画に対応していく模様

今回の機能は試験的なもので、今後は5分の録画まで対応していきます。

5分間録画することができればゲームとしては問題のない録画機能になるのではないでしょうか。

(時間自由なのが一番いいですが!!!)

いやー、今後のアップデートが本当に楽しみです。

まとめ

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)にゲーム録画機能が追加されました。

使い方はキャプチャーボタンを長押しするだけです。

注意点として一部のゲームでしか使えないこと、30秒間しか録画できないこと、キャプチャーボタンを長押した後ではなく前の30秒を録画することが挙げられます。

また100本までしか動画を保存できないということも忘れやすいところです。(スクリーンショットはいくらでも取れるので無制限と勘違いしやすいです)

今後もどんどん便利な機能が追加されるのを期待します。

今回の機能だけでは他のキャプチャーボードを外して録画するのは難しそうです。

他の更新内容を知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

…………………………………………………………………………………………

Nintendo Switchの本体システムがバージョンアップ! ゲーム動画撮影機能をはじめ、新しい機能をご紹介します。

…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………

ご観覧ありがとうございました。

…………………………………………………………………………………………

おすすめの記事

…………………………………………………………………………………………

スポンサーリンク
関連広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする