スプラトゥーン2 合図の有効な使い方 ナイスカモンやられた

スプラトゥーン2では仲間に合図を送ることができます。

ガチマッチで仲間と意思疎通できる唯一の方法です。

しっかりと合図を送り、少しでも有利な試合ができるようになりましょう。

スポンサーリンク

合図とは

合図とは十字ボタンを使い仲間に「ナイス」「カモン」「やられた」と言った3種類の報告ができる機能のことです。

社会人の基本である報連相(報告・連絡・相談)の「報」に当たる部分です。(なんの話やねん!)

しっかり報告できる立派なイカを目指しましょう!!!

合図の送り方についてはこちらの記事を参照してください。

…………………………………………………………………………………………

スプラトゥーン2 初心者の為の基本操作まとめ[説明書]

…………………………………………………………………………………………

いつ合図を送るのか?

それではこの3種の合図をどのよう場合に送ればいいのか解説して行きます。

合図を送らないことで仲間が壊滅したりする場合もあるので、めんどくさいかもしれませんがしっかり送るようにしましょう。

ナイス

「ナイス」を送る時はいつでもいいです。

ナイスな時に送りましょう。

「は??????」

となると思いますが、ナイスについては本当に適当でいいです(笑)

最高!!ありがとう!!ナイスナイス!!!大好き!!!って思ったら送ればいいです。

しかし、ナイスを連打する場合には意味があります。

ナイス連打

ナイス単発では楽しむ以外に使うタイミングはありません。(私個人的にはよくナイスを送っていますが正直意味はありません。楽しんでいるだけです)

しかし、ナイスを連打した場合は意味合いが変わって来ます。

ナイス連打は危険信号です。

敵が裏取して来ている場合仲間が敵に気付いていない場合などに使いましょう。

「ナイス連打は危険信号」というのは前作からプレイしている人たちの間では共通認識の合図になります。(正直知らない人も結構いるような・・・)

仲間がナイスを連打している時は、そちらの方が何かしら危険な可能性があるので一応チェックしに行きましょう。

もちろん嬉しくてナイス連打している場合もありますが、そういう場合は呼応してあげましょう!!!(しなくてもいいです!!!)

カモン

「ナイス」よりも「カモン」の方が何かしら意思を表している時が多いです。

カモンを使う場合は

・敵が来ている場合(特に裏から)

・自分一人では無理そうなので援護が欲しい場合

・ホコやヤグラを運んで来て欲しい場合

・ホコを運んでいる場合や、ヤグラに乗っていて敵が近くに来た場合

・スペシャル溜まったから一緒に来て欲しい場合

などに使います。

カモンの合図を送っている味方がいる場合は基本的には確認した方が良いです。

また、自分が危ない時も基本的にはカモンを押しておいた方が良いです。

特に裏に敵がいて自分では倒されてしまいそうな場合は早急に手伝ってもらうべきです。

やられた

「やられた」は敵に倒されている場合にしか使えない合図です。

前作では倒されている時はナイスしか使えなかったのでとても嬉しいです。

一番重要な合図と言って間違いないです。

やられたの意味通り、自分がやられた時に使いましょう。

倒された場合は必ず「やられた」の合図を出すようにしてください。

特に裏の敵に倒された場合は連打するくらいでちょうど良いです。

仲間が裏の敵に気付いていない場合、チームが壊滅する恐れがあります。

裏でやられて合図送ってこない人本当に勘弁してください!!!(気付かない私が悪い)

仲間がこの合図を使った場合はしっかり対処してあげてくださいね。

注意点として、相打ちの時は送る必要はありません

相打ちでやられたとか言われてもそこに敵がいないので全く意味ありません。

危険を知らせるために使うということを念頭に置いてください。

開幕の合図について

試合開始後すぐにナイスやカモンを連打している謎のイカたちを見たことがあると思います。

この開幕合図にはなんの意味もありません。

あえていうなら

「よろしく!」

「行くぞ行くぞ〜〜!」

「眠たい」

「やっほー!」

とかです。

まあ要するに、

遊んでるだけです。

返事するのもよし、無視するもよし、好きに対応しましょう。

私はしっかり返事しています(笑)

ゲームですのでこういう人たちもいます。

イライラせずに広い心を持って見守ってあげましょう!!!

〜あまり役に立つかは分からない豆知識コーナー〜

…………………………………………………………………………………………

マンメンミって何?

スプラトゥーンしてる人たちが「マンメンミ!」という謎の言葉を話しているのを聞いたことはありませんか?

正直何言ってるかわかりませんよね。

意味としては「ナイス!」ってことです。

ナイスの合図を出した場合に「マンメンミ」という音に聞こえるので「マンメンミ!マンメンミ!」と言っているだけというお話でした。

マンネンミ

一部マンメンミではなく「マンネンミ」と言っている人たちもいます。

彼らは「マンメンミではなくマンンミに聞こえるだろう!!」という主張の元マンネンミを使用してします。

私的にはマンメンミに聞こえますが真実はどちらなのでしょう。

どうでもいい話でしたね(笑)

…………………………………………………………………………………………

まとめ

今回は

「ナイス」

「カモン」

「やられた」

の合図について説明しました。

使っていない人も多いと思いますが、使った方が数パーセントは勝率が上がるかもしれません。

私の場合ですと、仲間の合図は必ず確認するようにしています。

しっかり確認してくれる人も結構いますので送るようにしましょう。

ボタンをちょっと押すだけなのでそこまで手間じゃありません!!

特に「やられた」の合図はしっかり出すようにしてください。

また、自分で合図を出すだけではなく仲間の合図にもしっかり反応できるようになるといいですね。

報連相の「報」しっかり行なっていきましょう!!!

ご観覧ありがとうございました。

…………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………

スポンサーリンク
関連広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする