初心者 攻略

スプラトゥーン2 仲間が弱い!人数不利時に強くなる為の立ち回り

スプラトゥーン2で仲間が倒されている状況でどう戦っていけば良いのか分からない方向けに「人数不利時の立ち回り」を解説させていただきます。

人数不利時に敵を倒すことはいつも以上に難しいですが、これから紹介する方法を取り入れるだけで無駄に倒されることがなくなります。

人数不利時に立ち回りについて分からない人は是非読み進めてください。

人数不利時の立ち回り

今回人数不利時の状況は仲間が全落ちしている状態を想定しています。

人数不利の時に「一人で全ての敵を倒す!」と言うことを考えてはいけません。

もちろんそれができればカッコ良いですし、最強のプレイヤーになれるでしょう。

しかし、相手のレベルが上がるほどに一人ではどうしようもない状況が増えて来ます。

そこで人数不利時には「敵を倒すことよりも、敵に見つからないこと」を意識するようにしてください。

そもそも人数不利って何?という方はこちらの記事を是非読んでみてください。

......................................................................................................

......................................................................................................

敵に見つからないってどういうこと?

それでは「敵に見つからない」とはどういうことなのでしょうか?

そのままの意味ですが、敵に自分の場所がバレないようにするということです。

何を言っているのか分からないと思います。

要するに、しっかりとイカ潜伏をするということです。

こちらの人数不利時は相手にとっては攻めやすく、油断している人が多いです。

油断している敵を潜伏して確実にキルしていくことが重要です。

移動するときはイカ移動の波を立てないなどの工夫をしてください。

イカニンジャなしでもイカ移動の波を立てない方法を以下の記事で紹介しています。

......................................................................................................

......................................................................................................

スペシャルを溜めながら味方を待つ

人数不利時は敵に見つかってはいけないと上で書きました。

これは言い換えれば敵に倒されてはいけないということでもあります。

敵に倒されないようにし、スペシャルを溜めながら仲間の到着を待つのが一番安定した行動です。

もちろん敵を倒せるタイミングがあればガンガン倒してしまってください。

やってはいけない行動

人数不利時にはやってはいけない行動が2つ存在します。

1つ目は相打ち覚悟の突撃です。

人数不利時に倒されるのはもちろんダメですが、無駄な相打ちも辞めるようにしましょう。

人数不利時に相手を一人減らしたところで、結局人数不利のままです。

相打ち覚悟で敵を倒すときは、仲間が戻って来て相打ちする意味のある時にしましょう。

(※今回は仲間が全落ちしている状況を想定しています)

2つ目は1人でスペシャルを使うことです。

スペシャルは仲間と合わせてこそ真の力を発揮します。

不利なときはできるだけ仲間と合わせる意識を持ちましょう。

以下の記事でもスペシャルの使い方を紹介しています。

......................................................................................................

......................................................................................................

まとめ

人数不利なときはとにかく敵に見つからないようにして、隙があれば敵を倒すくらいのスタンスでプレイしましょう。

仲間が帰ってくるのを待ち、スペシャルを合わせられると良いです。

打開時の内容ににてる内容ですが、打開時よりは潜伏キルが簡単なので狙えるときはしっかり狙っていきましょう。

 

意見・質問等あればコメント欄から気軽にお願いします!

ご観覧ありがとうございました。

......................................................................................................

おすすめの記事

......................................................................................................

-初心者, 攻略